メールスマート > システム・機能一覧(機能一覧)

システム・機能一覧(機能一覧)

メールスマートで利用できるシステム・機能一覧です。

配信リスト管理
ボード管理機能 ボード(顧客リストを入れる1つの括り)を管理します。
ボードは、メールアドレスを基本として氏名や住所、電話番号など自由な項目を追加できます。
また、運用途中の項目追加や変更・削除も可能となっており、更に複数のボードを管理することが可能です。
リスト管理機能 ボードに登録されているリスト(顧客データ)を管理します。
リストの追加や変更、削除、配信停止処理などをこちらで行って頂けます。
CSVインポート機能 リストの追加・変更を、CSVにより取り込み(インポート)して頂けます。
項目の並び(列)をボードの項目(メールアドレスが先頭で以下、項目順)に合わせて頂くことで、CSVデータをそのままメールスマートに流し込んで頂けます。
CSVエクスポート機能 登録されているリストを出力(エクスポート)して頂けます。
バックアップや別のボードへの流し込み、登録内容の一括変更、他システムへの連携にご活用ください。
メール配信機能
メール配信機能 登録されているリストに対してメール配信を行います。
一斉配信はもちろん、個別配信や一部配信(セグメント配信)も可能です。
セグメント配信機能 メール配信時に任意の条件(セグメント)を指定し、該当するリストにのみメールを配信することができます。
セグメントは、各項目へのキーワード検索、配信回数、登録日、最終配信日時など様々な絞り込み条件に対応しております。
差出人名指定 メール配信時に差出人名を指定することで、受信者のメーラーに表示される差出人名を指定することができます。
CC・BCC指定機能 メール配信時に通常の「FROM」「TO」だけでなく「CC」「BCC」の指定が可能です。
HTMLメール機能 メール送信本文をHTMLメールとして送信することが可能です。
HTMLメールを指定した場合、配信本文にHTMLを記述することで豪華なフォーマットのメールを配信することができます。
※但し、配信時のHTMLフォーマットは専門の知識が必要となりますのでご注意ください。
ファイル添付機能 メール配信時にファイル添付を行うことが可能です。
添付ファイル数は最大3つまでとなり、添付するファイルは「添付ファイル管理」機能で一元管理することができます。
メール配信履歴機能 過去に配信したメール履歴を閲覧することができます。
配信内容に加え、配信状態やエラー数、既読数に加え個別の配信、既読状態を確認することができます。
補助機能
メールテンプレート機能 配信するメール内容を予め作っておき、メール配信時に呼び出すことができます。
毎回、同様の内容を配信する場合や、定期的に送る内容を登録しておくことで数クリックで簡単に配信処理を行うことが可能となります。
エラーメール処理機能 メール配信時に、返信先アドレスを設定することでエラーメール(MAILER-DAEMON)を自動検知し、次回以降の配信停止処理を行うことが可能となります。
設定には、エラー処理用のメールアドレス受信設定(POP情報)を登録して頂く必要があります。
既読チェック機能 配信されたメールを配信先(顧客)が開封したかを確認することができます。
配信されるメール本文内に専用のURL(HTMLメールの場合、imgタグで判定可)を埋め込んで頂き、そちらにアクセスがあることで既読という判定になります。
URLを手動でクリックさせる場合は「本メールを読まれた方はお手数ですが、下記URLをクリックしてください。」等のメッセージと一緒にURLを埋め込んで頂くことをオススメします。
クリックURL機能 本文内に記載するURLを予め登録して頂くことでクリック数を測定して頂けます。
クリックURLはシステムを中継する形となりますので、リンク先を隠蔽することができます。
更にクリック数だけでなく、ログとしてクリック日時やIPアドレスも記録されます。
その他
ログイン情報変更 管理者のログインID/PASSを変更することができます。
管理者ログイン時の
IP制限機能
管理者ログイン時にIPアドレスをチェックし、予め設定したIP以外のログインを制限します。
システム設定 システム全体の動作設定が行えます。

関連製品はこちら
  • イージーメールフォーム 簡単メールフォーム作成ツール
    イージーメールフォーム
    お問い合わせフォーム、注文フォームのメールを管理画面で全て管理!簡単・多機能なメールフォームシステム